男性の更年期障害は、「テストステロン」という、
男性ホルモンの分泌量が、減ってくることで、
さまざまな症状が現われます。

症状を改善するために、男性ホルモンの分泌を、
促してくれる、巨人倍増食生活を心がけることが、大切です。

症状改善のポイントの一つ目としては、肉や魚
などの、動物性脂肪を不足しないように、
適切にとる、ことです。

30代までは、肉もガッツリと、食べられたのに、
年齢とともに、食べる量が減ってきた…と実感
する人も、多いと思います。

また、メタボリック症候群などを心配して、
肉を減らして、野菜中心の食事にしている、
いう人も、年代とともに増えてきます。

AC niku

ところが、男性ホルモンは、体内で、コレステ
ロールから作られるので、食事の脂肪分が、
足りないと、シアリス分泌量が低下します。

健康のためにと、野菜中心の食事に偏ったり、
炭水化物が多い食事になって、動物性の脂肪分が、
不足しないように、肉や魚などのタンパク質も、
十分にとることが大切です。

私も健康診断で、三便宝内臓脂肪やメタボを指摘され、
夕食に肉を食べるのを、控えて、さっぱりと、
した食事を心がけていました。
更年期障害には、動物性の脂肪分も、大切と、
知って、今は、昼食に肉や魚を、しっかりとる、
ように、食事の内容を変えてみました。



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています